FC2ブログ

難航した会長選び

 小中高校の始業式も終わり、新学期がスタートした。

 企業や行政機関も新年度を迎え、人事異動や仕事の引き継ぎも終わり、
新しい体制が動き出していることだろう。

 私達の町内自治会や老人会、子供会の各会長もそれぞれ任期満了となり、
後継会長を選ぶこととなった。


 私を含む三名が自治会長の選考委員となった。

 前会長には、2期4年の任期をつとめてもらい、会則上、交代が必要である。


 回覧により、推薦候補者を募る。

 推薦に挙がってきた候補者は一人。
 
 早速、選考委員うちそろって出かけるも、諸事情で引き受けてもらえず、断念。


 やむなく選考委員会で10名ほどの名前を挙げ、分担して接触を試みることにした。
しかし、すべて仕事や家庭の事情等を理由に断られ、万策尽きる思いにかられる。

 近隣の老人会では、会長が決まらず老人会を解散したところもある。
会長が決まらなければ自治会だって同じである。崩壊する。

 困り果てて、ついに、選考委員の一人は「夜中にちくちく胃が痛む」といって、
胃潰瘍と診断される。

 任意団体であるとはいえ、会長不在で、自治会をつぶすわけにはいかない。
超高齢社会が進行する中で、地域がまとまり、共助、協力の諸活動を推進していくには
自治会の組織は不可欠である。

 切羽詰まったところで、副会長二人と直談判することに─。

 自治会の役割、この町の現状と行く末など、重たく、厳しい話し合いの末、
副会長の一人が、自治会長を引き受けることに同意。老人会の会長は選考委員の一人が
引き受けることで、ようやく一件落着。

 老人会の会長と子供会の会長は自治会の役員も兼務するのだ。
この町では、子供会から老人会までいっしょになって自治会役員を構成しており、
民生委員も役員として加わる。

 今それぞれ前会長との引き継ぎが行われており、来週日曜日の自治会総会で承認されて、
正式決定となる。


 会長選びは今回も難航したが、ひとたび会長が決まれば充実した地域活動が推進される。

 わが町の特色であり喜びでもある。

スポンサーサイト



待望の人物か?

 歴史を振り返ってみると、時代が行き詰まったとき、
必ずその時代を破壊し、新しい時代を切り開こうとする人物が現れる。

 織田信長が典型的な例だ。
幕末の坂本龍馬もその一人といえよう。

 今、わが日本の状況は、何処を見ても老化し、弛んだり、硬直化したり、
腐敗したりで、危機管理もままならず、行き詰まっているとしかいいようがない。

 この状況は、シロアリが巣くった木造家屋のように、ぼやっとしていると、
自然崩壊してしまいそうだ。

 何時そうなるかわからない。不安だ。

 そうならない前に、古い土台や骨組みを壊し、変貌する未来を見据えて、
それに対応できる新しい時代を創造することが必要なのだ。

 今こそ、未来を見通す英知と強力なリーダーシップを持った改革者の出現が望まれる。


 
 もう、そろそろ、そういう人物が出てきてよい頃ではないか。

 命を省みず、ひたすら日本改造のために奔走し、古い障害物を破壊し、
 新しい展望をひらいてくれる人物が・・・。



 一人の人物が今大きなうねりを作りつつある。

 誰も言い出せないでいる、改革しなければならないことを明確に指し示し、
強力な行動力と指導力を発揮しつつある。

 改革には、必ず反対がつきまとう。ときには命さえ狙う者もいる。
売名目的ではできないことだ。 彼のやる気は本気だと思いたい。
 

 「年頭所感」の末尾を、「初詣龍馬のごとき人を待つ」と結んだが、
ひょっとしたら、彼が「龍馬のごとき人」になっていくのでは? と、思ったりする。

 救世主の待望だ。

 発生したばかりの台風が、巨大台風に成長していくか。興味と期待を持って見守りたい。

   

草を見ずして草を取る

 昔の人の言葉に、
「上農は草を見ずして草を取る、中農は草を見て草を取る、下農は草を見て草を取らず」

 というのがある。

 草を見て草を取るのが普通のお百姓さん、熱心なお百姓さんは草を見ないで草を取る、
そうでないお百姓さんは草を見ても草を取らない、というものだ。

 狭い菜園なのだ。今年は草を見ない菜園にしてみたい。
それには冬場の管理が大切だ。
そう考えて、耕せる部分はすでに、二回ほど天地返しをした。

 毎日、暇をみては菜園を見て回る。
この寒さなのに、もう春の草が芽を出しかけている。

 負けじと鍬で削る。
草を見ずして草を取るというのは大変なことだ。

 油断のない管理と根気のいる作業の繰り返しが必要だ。

 
 ところで、今日、作業をしながら、ふと国会に思いを馳せた。

 草が生えているのはわかっている。
取らなくてはならない草が一杯あるのに、理屈をいうだけで誰も取ろうとはしない。

 草を見て草を取らない政治家ばかり、よくもそろったものだ。
畑は荒れていくばかり。すでに藪になろうとしている。作物は作れなくなる。

 国の崩壊だ。
のんびり構えている時ではないのだ。
 
 草を見ずして草を取る、そんな政治家でなくていい。
せめて、草を見たらあわてて草を取る政治家であって欲しいものだ。

進化する住宅

 我が家の近辺に新しい家が2~3軒建った。建築中のものもある。

 外観だけ眺めて思うのだが、いずれも新しい家ほど窓が少なく、しかも小さいようだ。
頑丈な壁に取り囲まれ、単に、明かり採りという感じで、開閉のできないような窓もある。
きっと、その必要もないような構造になっているのだろう。

 今の家は、耐震性と省エネが重視され、太陽光発電や外気と地中の温度差を利用した冷暖房など、
住宅も急速に進化していくようだ。

 床下の換気口などない家もある。その必要がない作りになっているらしい。
自然に外気を取り入れ、家の中を循環させるので、窓ガラスの結露などもないらしい。

 戦前までの日本の伝統的な家の作り方とはすっかり変わってしまった。
安全で便利で住みやすい理想的な住宅に近づいていくようだ。

 しかし、想定外の災害に耐えうるかどうかはわからない。原発のストレステストではないが、
住宅にもお金を出せばストレステストなるものをやってくれるかも知れない。


 100年住宅ともいわれる。

 便利で安全な家かも知れないが、たった100年ぐらいしか持たないようでは、
どうしようもないのではないか。世代が変わる度に家を建て替えるなんて省エネにならない。
日本の伝統建築では、神社仏閣、民家の場合でも何百年も経って、まだ現役というのもあるのだ。

 もう一つ、気になることがある。

 年寄りの私などから見れば、あんな窓のない家はさぞかし風通しが悪いだろうと想像する。
そして、広々とした外の風景が見れないような家にいたら、きっと狂い出しそうになると思う。
舎飼いの家畜だって、外の風景が見えないようにして飼うと発育が遅れると聞いたことがある。



 伝えておきたい子育て体験がある。

 長男が生まれて、最初に引っ越した家は小さな一戸建ちの家ではあったが、
周りの家やブロック塀に囲まれて日が入らず、風通しも悪かった。
 長男は病気ばかりして、医者通いが絶えなかった。

 公庫の住宅融資の抽選に当たるという運と縁があって、長男が満一歳になったとき、
今の場所に引っ越した。東京オリンピックの年だ。

 近くには山あり、川あり、田んぼあり─。
家の周りの田んぼの用水路には、ふなっこが泳ぎ、夏には蛍が舞ってきて蚊帳にとまる。
夜の電灯をめがけてクワガタが飛び込んできたりした。
陽光にあふれ、さわやかな風がいつも気持ちよく吹き抜けた。
おもちゃのようなちっちゃな家だが、我が家は我が家。壁に落書きしようが障子を破ろうが
なんの心配も気兼ねもいらない。

 そんな自然に恵まれたところなので、病院が遠い。家内は長男の医者通いを心配した。

 ところがである。引っ越した途端に息子は病気しなくなったのだ。驚いた。

 きっと、お日様と風の所為に違いない。私達はそう信じている。


 日進月歩、進化していく住宅─。

 耐震、省エネだけでなく、健康には太陽と風が大切なことを忘れてはなるまい。

初夢

 今頃になって、初夢とはおかしな話だ。
  
 年をとった所為か、年が明けてから初夢らしきものを見ていなかった。
見ていたのかも知れないが、覚えていない。すぐ忘れてしまうのかも知れない。

 それがやっと、昨夜記憶に残るような夢を見た。


 それは、総理大臣の 「国民の皆様へ:訴えとお願い」 というTV全国放送なのだ。

 総理大臣が誰だったかはわからない。
しかし、その総理大臣は情熱をこめて、日本国民におよそ次のように訴えたのだ。

 「日本は今、未曾有の困難と危機に直面している。千兆円に達する国債をかかえては、
震災の復興も社会保障も国の防衛も、ままならなくなってきている。
ここに至っては、万難を排して思い切った改革が必要。

 そこで、まず、国としては、

 1.議員定数と議員報酬を半分にする。それにあわせて、公務員の給料も削減する。
 2.必要不可欠な公共事業以外は、すべて国債償還が終わるまで凍結する。 

 以上の施策を断断固として推進するゆえ、国民の皆様もどうか痛みを分かち合い、
消費税率10%の税率引き上げにご協力を!」

 というものであった。

 いいぞ、これで日本も変わるかも知れない。これが本当なら未来に希望が持てる。
そう思ってTVをみながら拍手をした。


 だが、その時、目が覚めた。夢だと気づいた。夢と気づいてがっかりした。
何とも後味の悪い夢だった。
 
 吉兆の初夢は、昔は一富士、二鷹、三なすびといわれた。
何でそうなのかは知らないが、そんな夢を楽しんでいられた時代はきっと夢があったのだ。

 今年の私の初夢、夢のまた夢か? 待てよ! 正夢ということもあるのだ。

 無駄とわかっていても、この夢が現実となって欲しいと切に願わずにはいられない。
プロフィール

rosenクン

Author:rosenクン


グラウンドゴルフと菜園作りの趣味に明け暮れる熟年の男。たまに世間を眺めては、もの申したり、つぶいたり・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問者数
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
QRコード
QR