FC2ブログ

Jさんのvitality

 私の近所にJさん一家が住んでいる。

 Jさんはアメリカ人、奥さんは私の知人の娘さん。
国際結婚だがこちらに住みついて、小学生の可愛い女の子がいる。

 アメリカ料理、フランス料理とやってみたが、日本料理が一番ヘルシーだと考え、今日本料理の修行中なのだ。
ハンサムでたくましい好青年である。

 そのJさんなのだが、昨年家を新築した。
小高いところに、荒れて藪同然になっていた畑を整地して建てた。

 実はJさん、家を建てる前に藪を切り払う時誤って刃物で腕をけがしてしまった。
 奥さんが、けがの大きさにびっくりして気を失いかけたが、それこそ気を取り直して病院につれていった。
13針を縫うけがだったらしい。
 ところが、奥さんの話では病院に行ったのはそのとき1回きりで、抜糸も自分で糸を引き抜いてしまったとのこと。

 Jさんに会ったとき、そのことを確かめたら

「ああ、へい気、へい気、あのくらい。アメリカはひろいから病院のないところもある。とおい病院に行ってたら間に合わない。だから、なんでもじぶんでやる、へい気、へい気」

 アメリカの人たちは開拓時代には医者も病院もない、定住すれば家も自分で建てるしかない、文字通りサバイバルの生き方をしてきて、きっとその精神が受け継がれているのだろうと思った。

 新築した家も家だけは業者に依頼したものの、外回りは全部日曜休日を使ったいわゆる日曜大工。小屋もコンクリートの基礎打ちから自分でやって間もなく完成に近い。家の本体以外は全部手作りなのだ。

「大変でしょう」というと「タノシー、タノシー」

 水道の蛇口ひとつ交換するにもすぐ業者に依頼してしまうような我々日本人の暮らしと比べて、なんとたくましい暮らし方だろうと思う。Jさんのバイタリテイーには実に学ぶところが多い。
スポンサーサイト



プロフィール

rosenクン

Author:rosenクン


グラウンドゴルフと菜園作りの趣味に明け暮れる熟年の男。たまに世間を眺めては、もの申したり、つぶいたり・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問者数
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
QRコード
QR