FC2ブログ

命をつなぐ花々

 昨日家内を車に乗せて花見に出かけた。

 前線が通過する前で、今までにない見事な花見ができた。

 花は文字通り満開で、どの枝先を見ても蕾はなく、全部開花していた。
しかも、花びらは落ちてこない。こんな綺麗な桜花は初めてである。
施設の方の話では、「雨のあと急に気温が上がったから、一斉に咲いたのでしょう」
とのことであった。

 我が家の庭では、ツバキやチンチョウ、紅、白梅が終わり、
今はマンサク、アセビ、レンギョウ、モモ、ヒイラギナンテン、ボケなどが
咲き誇っている。ジャコウフジの芳香が漂うのも近い。


 ボケの1本は寒ボケで、昨年の11月ごろから咲き始め、今も鮮やかな深紅の彩りを
見せている。
 厳しい寒さの中を、4ヶ月にわたり咲き続けるという変わった植物なのだが、
何といっても、その生命力には驚かされる。花のあとには木瓜とよばれる見事な実を結ぶ。


 植物にとって、花を咲かせるということは、結局のところ命をつないでいくための営みなのだ。
花は植物の生殖器である。どんな小さな草花でも、自分の命をつないでいくために
必死の営みを果たしている。

 そう思って眺めると、1本1本の草木や花が実に愛おしく思えてくる。

 厳しい寒さや乾燥にも耐え、“こんなところに”と目を疑うような石垣やコンクリート
の割れ目から、花を咲かせ実を結ぶ“ど根性な植物”もある。


 植物は花の季節をつくり、人間の目を楽しませてくれるが、実は風や虫など自然の力を借り、
共生しながら自らの命を次の世代につないでいく営みをしているのだ。
 花は、それだから美しく輝いているのかも知れない。

 人も祖先から受け継いだ自らの命、しっかりと未来に向け、伝えていかなければなるまい。

 花が美しく輝いているように・・・・。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rosenクン

Author:rosenクン


グラウンドゴルフと菜園作りの趣味に明け暮れる熟年の男。たまに世間を眺めては、もの申したり、つぶいたり・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問者数
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
QRコード
QR