FC2ブログ

進化する住宅

 我が家の近辺に新しい家が2~3軒建った。建築中のものもある。

 外観だけ眺めて思うのだが、いずれも新しい家ほど窓が少なく、しかも小さいようだ。
頑丈な壁に取り囲まれ、単に、明かり採りという感じで、開閉のできないような窓もある。
きっと、その必要もないような構造になっているのだろう。

 今の家は、耐震性と省エネが重視され、太陽光発電や外気と地中の温度差を利用した冷暖房など、
住宅も急速に進化していくようだ。

 床下の換気口などない家もある。その必要がない作りになっているらしい。
自然に外気を取り入れ、家の中を循環させるので、窓ガラスの結露などもないらしい。

 戦前までの日本の伝統的な家の作り方とはすっかり変わってしまった。
安全で便利で住みやすい理想的な住宅に近づいていくようだ。

 しかし、想定外の災害に耐えうるかどうかはわからない。原発のストレステストではないが、
住宅にもお金を出せばストレステストなるものをやってくれるかも知れない。


 100年住宅ともいわれる。

 便利で安全な家かも知れないが、たった100年ぐらいしか持たないようでは、
どうしようもないのではないか。世代が変わる度に家を建て替えるなんて省エネにならない。
日本の伝統建築では、神社仏閣、民家の場合でも何百年も経って、まだ現役というのもあるのだ。

 もう一つ、気になることがある。

 年寄りの私などから見れば、あんな窓のない家はさぞかし風通しが悪いだろうと想像する。
そして、広々とした外の風景が見れないような家にいたら、きっと狂い出しそうになると思う。
舎飼いの家畜だって、外の風景が見えないようにして飼うと発育が遅れると聞いたことがある。



 伝えておきたい子育て体験がある。

 長男が生まれて、最初に引っ越した家は小さな一戸建ちの家ではあったが、
周りの家やブロック塀に囲まれて日が入らず、風通しも悪かった。
 長男は病気ばかりして、医者通いが絶えなかった。

 公庫の住宅融資の抽選に当たるという運と縁があって、長男が満一歳になったとき、
今の場所に引っ越した。東京オリンピックの年だ。

 近くには山あり、川あり、田んぼあり─。
家の周りの田んぼの用水路には、ふなっこが泳ぎ、夏には蛍が舞ってきて蚊帳にとまる。
夜の電灯をめがけてクワガタが飛び込んできたりした。
陽光にあふれ、さわやかな風がいつも気持ちよく吹き抜けた。
おもちゃのようなちっちゃな家だが、我が家は我が家。壁に落書きしようが障子を破ろうが
なんの心配も気兼ねもいらない。

 そんな自然に恵まれたところなので、病院が遠い。家内は長男の医者通いを心配した。

 ところがである。引っ越した途端に息子は病気しなくなったのだ。驚いた。

 きっと、お日様と風の所為に違いない。私達はそう信じている。


 日進月歩、進化していく住宅─。

 耐震、省エネだけでなく、健康には太陽と風が大切なことを忘れてはなるまい。

初夢

 今頃になって、初夢とはおかしな話だ。
  
 年をとった所為か、年が明けてから初夢らしきものを見ていなかった。
見ていたのかも知れないが、覚えていない。すぐ忘れてしまうのかも知れない。

 それがやっと、昨夜記憶に残るような夢を見た。


 それは、総理大臣の 「国民の皆様へ:訴えとお願い」 というTV全国放送なのだ。

 総理大臣が誰だったかはわからない。
しかし、その総理大臣は情熱をこめて、日本国民におよそ次のように訴えたのだ。

 「日本は今、未曾有の困難と危機に直面している。千兆円に達する国債をかかえては、
震災の復興も社会保障も国の防衛も、ままならなくなってきている。
ここに至っては、万難を排して思い切った改革が必要。

 そこで、まず、国としては、

 1.議員定数と議員報酬を半分にする。それにあわせて、公務員の給料も削減する。
 2.必要不可欠な公共事業以外は、すべて国債償還が終わるまで凍結する。 

 以上の施策を断断固として推進するゆえ、国民の皆様もどうか痛みを分かち合い、
消費税率10%の税率引き上げにご協力を!」

 というものであった。

 いいぞ、これで日本も変わるかも知れない。これが本当なら未来に希望が持てる。
そう思ってTVをみながら拍手をした。


 だが、その時、目が覚めた。夢だと気づいた。夢と気づいてがっかりした。
何とも後味の悪い夢だった。
 
 吉兆の初夢は、昔は一富士、二鷹、三なすびといわれた。
何でそうなのかは知らないが、そんな夢を楽しんでいられた時代はきっと夢があったのだ。

 今年の私の初夢、夢のまた夢か? 待てよ! 正夢ということもあるのだ。

 無駄とわかっていても、この夢が現実となって欲しいと切に願わずにはいられない。

年頭所感

 年が改まった。
 
 365日がまたくりかえされる。
 
 昨年は東日本大震災があり、被災地の方々の並々ならぬ悲しみとご苦労があった。
被災地から遠いところに住む者にとって、その悲しみやご苦労は想像し、感じること
しかできないのだが、この正月、被災地はどんな過ごし方になっているのだろうかと、
心がすぐそちらに向いてしまう。


 そんなとき、ふと小林一茶の「めでたさも中位なりおらが春」の句が浮かんできた。
被災地の方々にとって、今年の正月はどのくらいのめでたさなのだろうか。
素直に「おめでとうございます」と言えない気がするのだ。

 序でながら、正月を詠んだ一茶の句には次のようなものもある。

   元日やわれのみならず巣無し鳥
 
   家無しも江戸の元日したりけり

   わが春や炭団一つに小菜一把

   家無しのこの身も春に逢う日哉

 200年前の一茶の句が、被災地の正月を詠んでいるように思えてしかたがないのだ。

 もっとも、こんな句もある。

   世の中をゆり直すらむ日の始め

   わが春も上々吉よ梅の花
 

 地震、雷、火事、おやじ(台風のこと:大山風→おおやまじ→おやじ)といわれる。

今年も何処になにが猛威を振るうかわからない。
 

 今年の正月が、一茶の句のとおり、世の中をゆり直す日の始まりであってほしいし、
来年の正月は、誰もが、わが春も上々吉といえるような一年であって欲しいと切に思う。

国家の行く末と国民の幸せのために命をかける不世出の政治家はいないのか。


   初詣龍馬のごとき人をまつ (rosenクン)

静かになった街

 一昨日街に出て、デパートで買い物をした。

 
 買い物をしながら、ふと気がついた。店内がとても静かなのだ。

この時期だと以前は、ジングルベルの曲が音量を上げて、全館に流れていた。

エレベーターガールに「ジングルベルはかからないの?」ときくと、

「かかりません。一階のイベントスペースでは演奏がありますけど」との答え。


 お陰で、ゆっくりとくつろいだ雰囲気で買い物を済ませることができた。

 このところ、景気も芳しくなく節電ムードのうえ、東北大震災や原発被災への配慮も
あってのことだろうか。

 食堂に入って、やっとBGMが、か細く遠慮がちに流れていた。


 これでいい。世の中がやっと正常になってきたのだ。

 バブルの頃、軍艦マーチなどの曲を大音響でならし、騒然とした雰囲気の中で
大売り出しと銘打って、人々を消費行動に駆り立てた時代の再現は、もう御免だ。


 きよしこの夜。
贅沢できなくてもよい、静かで安定した暮らしが続いて欲しいと切に願う。

賞味期限の刻印

 地元の大手お菓子屋さんでは、お菓子一個、一個には賞味期限の表示がなくて、
箱詰めして包装したあと、その包装紙に賞味期限のラベルを貼っていた。

 これではお菓子が何時作られたのかわからない。

 売れ残ったのを箱詰めして、翌日売ってもラベルさえ貼り替えれば、
ごまかしてもわからない。

 そのことを店に行く度に、店員にいい続けてきた。

 当地を代表する銘菓の一つを扱う菓子屋なのだ。会社の責任あるところに届くようにと念を押して・・。


 
 一昨日、店に行って驚いた。

 店員に、ある菓子の賞味期限を尋ねたところ、店員はその菓子の一つを手にとって見ながら、

「〇月〇日まで、です」という。

 「おや?」と思って見ると、なるほど一個一個の菓子にきちんと刻印してある。
これは製造過程のなかで機械で刻印されたものだ。

 他の菓子はどうかと思い、手にとって見ると、
どの種類の菓子にもきちんと賞味期限が刻印されている。

 これだったら、バラで買うお客さんも安心して買える。


 この投資、会社として大きな安心と信用をを獲得したといえよう。

 因みに、賞味期限は美味しく食べることができる期限、
消費期限は期限を過ぎたら食べない方がよい期限だそうだ。


プロフィール

rosenクン

Author:rosenクン


グラウンドゴルフと菜園作りの趣味に明け暮れる熟年の男。たまに世間を眺めては、もの申したり、つぶいたり・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
ご訪問者数
今日のお天気は?

-天気予報コム- -FC2-
リンク
検索フォーム
QRコード
QR